【スポンサーリンク】

【明日の超勘株ニュース】決算発表による個別株物色が続きますが、周辺銘柄への影響もあるので注意が必要です。

2日の日経平均株価は、前日比55円17銭高の2万7402円5銭と続伸しました。 後場に売り優勢となる場面がみられましたが、下げ渋って取引を終えました。東京証券取引所が引け後に発表した、1月第4週投資部門別売買動向(現物株)によると、金額ベースで海外投資…

【明日の超勘株ニュース】FOMC前で手控えムードが強くなりそうです。個別株に注視することになりそう。

31日の日経平均株価は反落して、2万7327円(前日比106円安)引けとなりました。 円安進行を支えに買いが先行しましたが、米国株安が重しとなり下げに転じました。切り返す場面もありましが、買いは続かず再びマイナス圏に押し戻され、後場は一段安となりまし…

【明日の超勘株ニュース】主要企業決算で個別物色の様相が強くなりそうです。ただFOMC前で大きく動きにく状況です。

30日の日経平均株価は続伸して、2万7433円(前週末比50円高)引けとなりました。 前週末の米国株高を支えに朝方は買いが先行して、いったん下げに転じた後は先物買いを交えて切り返し、上げ幅は一時100円を超えました。ただ、買いは続かず後場入った後は円高…

【明日の超勘株ニュース】日米の決算本格化に加えて、FOMCや雇用統計などもあり株価も日替わりで動きそうです。

先週末27日の日経平均は小幅反発して、終値は19円高の27382円で引けとなりました。 米国株高を好感して上昇して始まったものの、寄り前に為替が円高に振れたことから、初動は鈍く開始早々に上値が重くなりました。一方、値を消して下げに転じたところでは押…

【明日の超勘株ニュース】米株動向を受けての動きとなりそうですが、材料難や週末要因もあり方向感は定まらなそうです。

26日の日経平均株価は、前日比32円26銭安の2万7362円75銭と反落しました。 後場に入りこの日の安値を付ける場面がみられましたが、下げ渋る動きをみせて取引を終えています。 東京証券取引所が引け後に発表した、1月第3週投資部門別売買動向(現物株)による…

【明日の超勘株ニュース】日経平均株価はマドを埋めて雲の突破を試す展開ですが、戻り売りの警戒感もあります。

25日の日経平均株価は続伸して、2万7395円(前日比95円高)引けとなりました。 前日まで3連騰した反動で利益確定売りが先行しましたが、その後は先物主導で上げに転じて一時170円超上昇しました。買い一巡後は伸び悩む展開となりました。相場上昇については…

【明日の超勘株ニュース】日米の決算発表が、株価や指数の変動に大きく影響をもたらすでしょう。

24日の日経平均株価は大幅に3続伸して、2万7299円(前日比393円高)引けとなりました。 米国株式市場で主要3指数が上昇、SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)の大幅高も支えとなり、半導体関連株を中心に広範囲に買われました。チャート上では約1カ…

【明日の超勘株ニュース】指数ベースで加熱感はなく、欧米株の上昇があれば日本株も続伸が期待されます。

23日の日経平均は大幅続伸して、終値は352円高の26906円で引けとなりました。 先週末の米国株高の流れを引き継ぎ買い優勢の展開となりました。26900円に接近したところで上昇一服となり、一時26800円を下回る場面もあろましたが、その後は再び買いの勢いが強…

【明日の超勘株ニュース】日米で決算発表が本格化し、個別物色の様相が強くなりそうです。

先週末20日の日経平均は反発して、終値は148円高の2万6553円で引けとなりました。 米国株安を受けて60円程度下げて始まったものの、下げ幅を縮小して前場のうちにプラス圏に浮上しました。後場に入って節目の2万6500円を上回ると、そこからは上方向に勢いが…

【明日の超勘株ニュース】米国の指数や米株の動向に左右されそうです。ただ大きく調整した場合は拾う動きもありそう。

19日の日経平均は大幅に反落して、終値は385円安の26405円で引けました。 米国では弱い経済指標を受けてダウ平均が600ドルを超える下落となり、加えて円高が進行したことも嫌気されて、寄り付きから大きく水準を切り下げました。安く始まった後も戻りを試す…

【明日の超勘株ニュース】日銀金融政策決定会合の結果により、一時的でも大きく動きそうです。

17日の日経平均株価は大幅反発して、2万6138円(前日比316円高)引けとなりました。 米市場は休場でしたが、欧州株高や円高一服を支えに買い優勢で始まりました。昨日までの大幅続落した反動で自律反発狙いの買いも入りやすく、上げ幅は一時370円を超えまし…

【明日の超勘株ニュース】米市場の休場、日銀金融政策決定会合前で手控えムードが強くなりそうです。

16日の日経平均株価は大幅続落して、2万5822円(前週末比297円安)引けとなりました。 米利上げペースの減速観測と日銀の緩和修正思惑を背景に円高・ドル安が進み輸出関連株の重しとなりました。下げ幅は一時370円を超え、売り一巡後は下げ渋りましたが戻り…

【明日の超勘株ニュース】日銀金融政策決定会合付近では値動きが大きくなりそう。結果によっては市場の混乱もある可能性あります。

先週末13日の日経平均は大幅反落して、終値は330円安の26119円で引けとなりました。 注目の米12月消費者物価指数は市場予想並みの結果となり、これを受けた米国株は上昇したが、インフレが減速するとの見方から、米長期金利が低下して為替市場ではドル安・円…

【明日の超勘株ニュース】米12月CPIに対する米株式の反応で、日本株は大きく動くと思われます。

12日の日経平均株価は、前日比3円82銭高の2万6449円82銭と続伸してして取引を終えました。 5日続伸となるのは約半年ぶりとなります。朝方から買いが先行したものの、米12月CPI(消費者物価指数)を控えて模様眺めムードが広がりました。また、日銀の大規…

【明日の超勘株ニュース】2万6000円を回復し、この水準を維持出来るかが注目。米国マーケットの動向に左右されそうです。

10日の日経平均株価は大幅に続伸して、2万6175円(前週末比201円高)引けとなりました。 米国株式は高安まちまちながらも、前週末6日に米12月雇用統計結果を受けて主要3指数が大幅高となったため。上げ幅は一時340円を超えました。買い一巡後は伸び悩びまし…

【明日の超勘株ニュース】米12月消費者物価指数の結果が今後の方向性に影響しそうです。

先週末6日の日経平均は続伸して、終値は153円高の25973円で引けました。 米国では強い雇用指標を嫌気してダウ平均が300ドルを超える下落しましたが、これを受けても寄り付きは80円程度の下落にとどまり、そこからすぐに切り返してプラス転換となりました。前…

【明日の超勘株ニュース】米12月雇用統計や3連休前で積極的な売買は少ないと思われます。下値を拾いたい局面ではありますが…

5日の日経平均株価は、前日比103円94銭高の2万5820円80銭と反発して取引を終えました。 買い一巡後は戻り待ちの売りに押される場面もみられましたが堅調に推移しました。アップルが部品納入業者に対し生産縮小を要請したと報じられ、企業業績の先行き不透明…

【明日の超勘株ニュース】大幅反落で売られすぎ水準となっていますが、米イベントが続き神経質な展開となりそうです。

4日大発会後場の日経平均株価は大幅反落して2万5716円(前週末比377円安)引けとなりました。 米国株安や円高進行が重しとなり広範囲に売りが先行して、下げ幅は一時430円を超えました。一巡後は下げ渋りましたが戻りは限定されて、引けにかけて2万5700円近…

【明日の超勘株ニュース】大発会の週ですが、米金融政策に神経質となり楽観ムードとはならなそうです。

昨年末、大納会30日の日経平均は、終値は0円83銭高の26094.50円と横ばいとなった。 米国株は長期金利の低下を好感して大幅高となり、これを受けて寄り付きは200円近い上昇となりましたが、大型半導体株が早々に失速したことから全体もすぐに失速しました。前…

【明日の超勘株ニュース】大納会となりますが材料難であり、前夜の米国株の動向に左右されそうです。

29日の日経平均株価は、前日比246円83銭安の2万6093円67銭と大幅に続落して取引を終えました。 売り一巡後は、手がかり材料に乏しく市場参加者の減少などもあり、手控えムードが広がりました。 取引終了後、東京証券取引所が発表した12月第3週投資主体別売買…

【明日の超勘株ニュース】休場明けの米国市場の動向や、日銀金融政策決定会合の意見公表に注目です。

27日の日経平均株価は続伸して、2万6447円(前日比42円高)引けとなりました。 米国市場はクリスマスの振替休日で休場でしたが、時間外取引で米株価指数先物が上昇した流れを受けて上げ幅は一時200円を超えました。また、中国政府が新型コロナウイルスの水際…

【明日の超勘株ニュース】2022年の最終週。弱材料に敏感となっており、振り幅の大きい週となりそうです。

先週末23日の日経平均は大幅反落して、終値は272円安の26235円となりました。 米国株の大幅安を嫌気して寄り付きから300円近い下落となりましたが、その後は方向感に欠ける動きが続きました。400円程度下げたところで26100円は割り込まずに売りが一巡して、…

【明日の超勘株ニュース】海外投資家の休暇入りで動きは少ない様子。中小型株への物色が中心となりそうです。

22日の日経平均株価は、前日比120円15銭高の2万6507円87銭と反発して取引を終えました。 買い一巡後は手がかり材料に乏しく様子見姿勢が強まり、小動きとなりました。 取引終了後、東京証券取引所が発表した12月第2週投資主体別売買動向(現物株、金額ベース…

【明日の超勘株ニュース】日銀が長期金利上昇を決定。投資家心理の悪化が落ち着くまでには時間がかかりそうです。

20日の日経平均は大幅に続落し、終値は669円安の26568円で引けとなりました。 米国株安を受けても小高く始まると前場ではリバウンド狙いの買いが入り、じわじわと上げ幅を広げていきましたが、昼休みに日銀が長期金利の許容変動幅をプラスマイナス0.5%程度…

【明日の超勘株ニュース】欧米での景気減速懸念があり、日本も日銀総裁会見を控えおり動き難い状況は続きそうです。

19日の日経平均株価は大幅に続落して、2万7237円(前週末比289円安)引けとなりました。 前週末の欧米株式市場では、利上げ継続による景気減速懸念が根強く主要株価指数が3日続落して、この流れを受けて下げ幅は一時360円を超えました。売り一巡後は下げ渋り…

【明日の超勘株ニュース】海外イベントは概ね消化しましたが、国内金融政策やIPOによる動きは多少あるかも。

先週末16日の日経平均は大幅続落して、終値は524円安の27527円となりました。 欧州株が金融引き締め長期化懸念から大幅安となり、米11月小売売上高が弱い内容となったことから、ダウ平均株価が700ドルを超える下落となりました。これを嫌気して、300円超下げ…

【明日の超勘株ニュース】2大イベントを通過して材料出尽くし感あり。中小型株への物色に傾きそうです。

15日の日経平均株価は、前日比104円51銭安の2万8051円70銭と反落して取引を終えました。 売りが一巡した後は、手がかり材料に乏しいなかで様子見姿勢が強まりました。 取引終了後、東京証券取引所が発表した12月第1週投資主体別売買動向(現物株、金額ベース…

【明日の超勘株ニュース】米11月CPIの結果を受けて、米市場がどうのような反応をするのかに左右されそうです。

13日の日経平均株価は反発して、2万7954円(前日比112円高)引けとなりました。 前夜の米国株高を受けて一時270円超の上昇しましたが、買い一巡後は伸び悩みました。米11月CPI発表を目前に控えて利益確定売りに抑えられ、上げ幅は65円にまで縮小しました…

【明日の超勘株ニュース】米11月CPI、FOMCの結果待ちの状況は変わりないと思われます。

12日の日経平均株価は反落して、2万7842円(前週末比58円安)引けとなりました。 前週末9日発表の米11月CPI(生産者物価指数)が市場予想を上回り、利上げ長期化への警戒感から米国株式が下落して、これを受けて寄り付き直後に160円超下落しました。売り一巡…

【明日の超勘株ニュース】米国重要イベントが多く、週半ばから株価が大きく動くことが予想されます。

先週末9日の日経平均は大幅反発して、終値は326円高の27901円となりました。 米国株高を受けて上昇スタートし、SQ売買の影響で寄り付きは60円程度の上昇にとどまりましたがすぐに強い買いが入って一気に上げ幅を300円を超えました。大型ハイテク株の上昇がけ…