【スポンサーリンク】

【明日の超勘株】2万6500円割れとなり、軟調な地合いが尾を引きそう。下値のメドは2万6300円が意識されそうです。

26日の日経平均株価は大幅に続落して、2万6431円(前日比722円安)引けとなりました。 前週末の米国株安を受けて売り優勢の展開となりました。時間外取引での米株価指数先物安も重しとなり、7月13日以来の2万6500円割れとなりました。 明日の東京株式市場は…

【明日の超勘株】2万7000円を境に一進一退となりそうです。米国の指標発表が多く結果に左右もされそうです。

先週木曜22日の日経平均は続落して、終値は159円安の27153円で引けとなりました。 9月のFOMCでは0.75%の利上げが決定されて、この先も利上げが継続するとの見方が示され、これを受けた米国株が大幅安となったため日経平均も200円超下げて始まりました。下げ…

【明日の超勘株】2万8000円台に乗せられるか。しかしFOMCの結果までは手控えが強くなりそうです。

連休明け20日の日経平均株価は反発して、2万7688円(前週末比120円高)引けとなりました。 前週末に大幅反落した反動で自律反発狙いの買いが先行し、米国株式が反発したことも支えとなり、2万7900円台を回復して上げ幅は一時340円近くに達しました。一巡後は…

【明日の超勘株】FOMC結果が最大の注目ですが、中央銀行イベントが続き市場は大きな動きがありそうです。

先週末16日の日経平均は大幅反落して、終値は308円安の27567円となりました。 米国株安を受けて大幅安スタートして、3連休前で押し目買いも手控えられる展開となりました。ただ下げ幅を300円超に広げて27500円に接近したところで売りが一巡して、やや戻した…

【明日の超勘株】米8月CPIを受けての米国株式市場により左右される日になりそうです。

13日の日経平均株価は続伸して、2万8614円(前日比72円高)引けとなりました。 朝方は欧米株高を支えに買いが先行しましたが、直近の連騰で利益確定売りも出やすく下げに転じました。しかし下値は限定的で一巡後は盛り返して、前場は110円を超えて上昇しまし…

【明日の超勘株】米8月CPI発表までは動きは少なそうですが、市場はトレンド転換の期待が高いです。

12日の日経平均株価は大幅に続伸して、2万8542円(前週末比327円高)引けとなりました。 前週末の米国株式市場で金利上昇への警戒感が後退し主要3指数が上昇した流れを受けて、一時400円近くまで上昇しました。一巡後は戻り売りや利益確定売りに伸び悩む場面…

【明日の超勘株】9月FOMCでの大幅利上げは織り込み済みであり、日本株は上げやすい地合いとなっています。

先週末9日の日経平均は続伸して、終値は149円高の28214円で引けとなりました。 ECBの大幅利上げ決定や、パウエルFRB議長のタカ派発言を受けても米国株が上昇したことから、3桁上昇スタートをしました。上値は重くなり開始早々には上げ幅を急速に縮めま…

【明日の超勘株】2万8000円台に乗せましたが、まだ底打ちとはならないように思われます。

8日の日経平均株価は、前日比634円98銭高の2万8065円28銭と大幅に反発して取引を終えました。 約1週間ぶりに終値ベースで2万8000円台を回復しました。 通常取引終了後、東京証券取引所が発表した8月第5週投資部門別売買状況(現物株)によると、海外投資家は…

【明日の超勘株】休場明けの米国市場や円安進行により、荒れやすい水曜が重なっています。要注意です。

6日の日経平均株価は小反発して、2万7626円(前日比6円高)引けとなりました。 米国株式市場はレーバーデーの祝日で休場でしたが、時間外取引で米株価指数先物が上昇した流れを受けて買いが先行しました。直後に先物に売りが出て下げに転じる場面もありまし…

【明日の超勘株】200日移動平均線が下値となるのか、下抜けるのか、注目されます。

5日の日経平均株価は小幅に続落して、2万7619円(前週末比31円安)引けとなりました。 米金融引き締め長期化への警戒感が根強く前週末の米国株式が下落した流れを受けて下げ幅は一時140円付近までになりました。一巡後は、時間外取引での米株価指数先物高を…

【明日の超勘株】OPECプラス会合やECB理事会などあり、不安定な地合いが予想されます。

先週末2日の日経平均は続落し、終値は10円安の27650円となりました。 ダウ平均やS&P500の上昇を受けて買いが先行しましたが、寄り付き直後を高値に失速して早々にマイナス圏に沈みました。そこから下落して27500円台に突入したところでは3桁下落を回避して切…

【明日の超勘株】米経済指標の発表が相次ぐなか、2万8000円台を維持出来るかが試されます。

31日の日経平均株価は反落して、2万8091円(前日比104円安)引けとなりました。 前日の米国株式が下落した流れを受けて売り先行となり、下げ幅は一時290円付近まで達しました。一巡後は、時間外取引での米株価指数先物高もあって下げ渋りましたが、さらに買…

【明日の超勘株】反発して2万8000円台を回復しましたが、買いに持続性があるかが注目されます。

30日の日経平均株価は大幅反発して、2万8195円(前日比316円高)引けとなりました。 昨日に大幅下落(762円安)した反動で自律反発狙いの買いが先行しました。時間外取引での米株価指数先物高も支えとなり、上げ幅は一時350円を超えました。米金融引き締めが…

【明日の超勘株】大幅安からの反発を期待。200日移動平均線で留まることが出来るかに注目です。

29日の日経平均株価は大幅反落して、2万7878円(前週末比762円安)引けとなりました。 パウエルFRB議長のタカ派発言により前週末の米国株式が急落した流れを受けてリスク回避の売りが優勢となりました。時間外取引での米株価指数先物の下げも重しとなり、…

【明日の超勘株】先週末の米株暴落により、日本株の荒れ模様でのスタートが予想されます。

先週末26日の日経平均は続伸して、終値は162円高の28641円で取引終了となりました。 米国株の大幅高を好感して寄り付きから3桁の上昇して、前場では300円超上昇する場面もありましたが、28800円手前で上値が重くなると後場はじわじわと値を消す展開となりま…

【明日の超勘株】FRBの景気動向に対する方針の発表待ちで、売買は限定的と思われます。

25日の日経平均株価は、前日比165円54銭高の2万8479円1銭と反発して取引を終えました。 6日ぶりに反発しましたが、5連敗中に900円強の下げとなっていたので、下げた分の反動高の可能性が高いと思われます。 なお、通常取引終了後に東京証券取引所が発表した8…

【明日の超勘株】ジャクソンホール会議を前に手控えが続きそう。25日移動平均線を下回ると調整が長引きそうです。

24日の日経平均株価は続落して、2万8313円(前日比139円安)引けとなりました。 朝方は、4営業日続落した反動で自律反発狙いの買いが先行しましたが、一巡後はマイナス圏入りとなりました。米利上げに対する警戒感は根強く、株価指数先物にまとまった売りが…

【明日の超勘株】2万8500円台から早期に回復できるか。米指数の結果を受けての米株式動向によりそうです。

23日の日経平均株価は大幅に続落して、2万8452円(前日比341円安)引けとなりました。 前夜の欧米株安を受けて広範囲に売りが先行し、下げ幅は一時400円近くに達しました。売り一巡後は下げ渋りましたが戻りは限定されました。心理的なフシ目となる2万8500円…

【明日の超勘株】週末要因もあり調整が続きそうです。昨年も高値後に失速しており同様の動きの危険性あり。

18日の日経平均株価は、前日比280円63銭安の2万8942円14銭と大幅に反落となりました。 取引終了間際に株価指数先物にややまとまった売りが出たことから下げ幅を拡大となったようです。 通常取引終了後、東京証券取引所が発表した8月第2週投資部門別売買状況…

【明日の超勘株】米国市場次第ですが、先高期待が続きそうです。調整安は来週以降になると予想。

17日の日経平均株価は大幅反発して、2万9222円(前日比353円高)引けとなりました。 約7カ月ぶりに2万9000円台を回復しました。NYダウ高や円安などを支えに株価指数先物に断続的な買いが入り、上げを主導したようです。トレンドフォロー型ファンドも機械的…

【明日の超勘株】2万9000円目前ですが、手掛かりなく高値警戒感も見られます。外部要因には注意です。

16日の日経平均株価は小反落して、2万8868円(前日比2円安)引けとなりました。 先週から昨日にかけて大幅続伸したことでの短期的な過熱感への警戒から利益確定売りが先行し、下げ幅は一時110円を超えました。一巡後は米国株高を支えに上げに転じる場面もあ…

【明日の超勘株】2万9000円が見えてきましたが、過熱感もあり慎重な判断が必要です。

15日の日経平均株価は大幅続伸して、2万8871円(前週末比324円高)引けとなりました。 前週末の米国株式市場で米利上げペースが鈍化するとの見方が強まって主要3指数が上昇した流れを受けて買い優勢となりました。上げ幅は一時350円に達して、引けにかけて高…

【明日の超勘株】2万8500円台に乗せ、米市場も好調。地合いの良さから下値は堅いと思われます。

先週末12日の日経平均は3日ぶり大幅反発して、終値は727円高の28546円で引けとなりました。 米7月消費者物価指数(CPI)がインフレピークアウトを期待させる内容で、これを受けた米国株にも強い動きが見られたことから日本株も全面高の展開となりました。283…

【明日の超勘株】米7月の消費者物価指数は市場予想を下回り、米市場は好感。日本市場にも良い影響となりそうです。

祝日前10日の日経平均株価は続落して、2万7819円(前日比180円安)引けとなりました。 米ハイテク株安を受けて半導体関連株中心に売りが先行し、下げ幅は一時270円に達しました。その後下げ渋りましたが買いは続かず、上値の重い展開となりました。チャート…

【明日の超勘株】2万8000円を割り込み、今後の動きが注目されます。祝日前で動きは鈍そうです。

9日の日経平均株価は大幅反落して、2万7999円(前日比249円安)引けとなりました。 朝方は、米国株式が高安まちまちの中で小安く始まった後、小幅高に転じる場面もありましたが、すぐに軟化しました。決算不調の東エレクやソフバンGの株価下落が重しとなり…

【明日の超勘株】2万8300円台が意識されます。決算発表ラッシュの中で個別物色が強くなりそう。

8日の日経平均株価は続伸して、2万8249円(前週末比73円高)引けとなりました。 朝方は前週末の米ハイテク株安が重しとなり、下げ幅は一時120円を超えましたが、一巡後は、いったん上げに転じた後に再度マイナス圏入りする場面もありましたが、次第に盛り返…

【明日の超勘株】2万8000円台を回復。外部要因は注意が必要ですが、日本株は耐性がついている可能性が高いです。

先週末5日の日経平均は大幅に3日続伸して、終値は243円高の28175円で引けとなりました。 米国株がまちまちだったことで寄り付きは小幅な下落となり、序盤はしばらく小動きが続いていましたが、節目の28000円を上回ったところで買いに勢いがついて上げ幅を200…

【明日の超勘株】2万7800円台まで戻しましたが、為替動向や週末の雇用統計に向けて注意が必要です。

先週末29日の日経平均は小幅反落して、終値は13円安の27801円で引けとなりました。 米国株高を受けて買いが先行しましたが、上げ幅を3桁に広げて28000円台に乗せたところでは、すぐに上値が重くなりました。前場では消した値もすぐに盛り返して再び上げ幅を3…

【明日の超勘株】日経平均は28000円台に回復しましたが、戻り売りの出やすい水準。決算発表も多いので内容に注意。

28日の日経平均株価は続伸して、2万7815円(前日比99円高)引けとなりました。 朝方はFOMC(米連邦公開市場委員会)後の米国株高を受けて買いが先行して、一時300円近く上昇し2万8000を回復する場面もありました。一巡後は、先物売りや円高進行も重しと…

【明日の超勘株】FOMC、米主要企業の決算発表前により、様子見が続きそうです。

26日の日経平均株価は続落して、2万7655円(前日比44円安)引けとなりました。 米国株式は高安まちまちでしたが、時間外取引での米株価指数先物安が重しとなり朝方は売りが先行しました。いったん上げに転じましたが先物売りを交えて再度軟化して、下げ幅は…