【スポンサーリンク】

【明日の超勘株ニュース】恒大集団も心配ですが、今週は自民党総裁選が注目の週となります。

先週末24日の日経平均は大幅反発となり、終値は609円高の30248円となりました。

注目の9月FOMCでは、テーパリング(量的緩和の縮小)は見送りとなり、中国恒大集団に関しては23日に人民元建ての利払いを実施したようでデフォルトに関する過度な懸念が後退しまし全面高の展開となった模様です。

 

今週の東京株式市場は、不安要素は未だ残るものの強気姿勢を維持すると思われます。

恒大集団は23日に予定されていた社債の利払いを一部実施したが、破たんリスクは依然として大きく、29日には次の利払い期限が控えており、再びマーケットが神経質になる可能性があります。

もっとも、恒大集団が倒産するような場合も政府が管理に乗り出し、信用はコントロールされる可能性が高いようですが注意が必要です。

一方、市場の想定通り11月のテーパリング(金融緩和の縮小)開始が示唆されたFOMC(米連邦公開市場委員会)は難なく通過しましたが、米国の連邦債務上限の問題は与野党の対立が続き、10月中の資金枯渇も懸念視されています。

債務上限を凍結する法案は22日に下院を賛成多数で通過しましたが、上院共和党のマコネル院内総務は反対の姿勢を示しています。

こうした要素に絡んで相場の上値が重くなる局面も想定されますが、現状ではいずれも一過性のものとなる可能性が高いと予想されます。企業業績の拡大は7-9月以降も続くとみられ、中期的な強気スタンスを崩す必要はないと考えています。

また、29日は国内で自民党の総裁選の投開票が行われる。

情勢は国民人気の高い河野太郎行政改革相と、議員票で一歩リードする岸田文雄政調会長を軸に混戦模様なようです。ただ市場にとって重要なのは11月の総選挙であり、総裁選を誰が制しても盛り上がりを見せれば与党の支持率上昇につながると思われます。

スケジュール面では、

国内で、9月28日に日銀金融政策決定会合議事要旨。29日に自民党総裁選挙投開票。30日に8月商業動態統計、8月鉱工業生産。10月1日に8月失業率・有効求人倍率、9月調査日銀短観、9月21-22日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」などが予定されています。

海外では、30日に中国9月製造業PMI(購買担当者景気指数)、中国9月非製造業PMI、中国9月コンポジットPMI、中国9月Caixin製造業PMI、1日に米9月ISM(サプライマネジメント協会)製造業景況指数などが発表されます。

 

f:id:tetoteno:20210926154307p:plain

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】恒大集団の債務問題が引き続き重しとなりそう。週末要因もあり。

22日の日経平均株価は一時260円超下落した後に、恒大集団が23日期限の社債利払い実施すると報じられてまとまった買いが入り上げに転じる場面もあったようです。

結果的には200円以上安で引けとなり、引き続き恒大集団の債務問題が重しとして意識されました。

 

24日の東京株式市場は、上値の重い展開と予想されます。

FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果を受けた米国株動向が注目されますが、中国不動産大手の中国恒大集団の債務不履行(デフォルト)懸念がまだあり、積極的な買いは期待しにくい状況となっています。

恒大集団の利払い報道はありましたが、23日期限後の利払いに対応できるかは不明なようです。中国政府は事態悪化の拡大を回避するため、何らかの対策を打つのではないかとの期待感もありますが、直接的な支援を行うことはないとの見方も根強いです。

恒大集団のデフォルト懸念とともに、先行きの不動産市場や金融システムへの影響を見極めるまでは、なかなか動きづらい状況となっています。

 

明日の注目銘柄は

GA technologies(3491)

決算発表にてマイナスインパクトとなり、株価はストップ安から大幅下落が続いていましたが、そろそろ底をつくのではないかと思います。

事業が大きく傾いている訳ではないようですし、自己資本比率も高いので投資を続けようと思っています。

 

f:id:tetoteno:20210923212149p:plain

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】恒大ショックによる下落は一時的なものになるのか。ひとまず反発はあるかも。

21日の日経平均株価は大幅反落し、2万9839円(前週末比660円安)引けとなり、2週間ぶりに3万円大台を割り込んでしまいました。

中国不動産大手の中国恒大集団の資金繰り懸念から20日の海外市場で株安が進んだ流れを受け、リスク回避の売りが広がりました。

中国恒大問題については、中国政府による支援期待もあり一時的なものと比較的冷静な見方も多くあります。しかし、先行き不透明を残したままであり、海外株式の動向に注意が必要です。

また、FOMC(米連邦公開市場委員会)を控えていることもあり、結果を見極めるまで積極的な売買となり難いという状況にもなりそうです。

 

こういったことから、明日の東京株式市場は様子見の様相が強くなると思われます。

一方で、買い遅れた投資家の押し目買いニーズを指摘する向きは依然と多いようです。

28日の9月権利付き最終取引日に向けて、配当・株主優待狙いの買いが見込まれ、配当再投資の先物買いも予想され、需給面での下支え要因として意識されます。

 

明日の注目銘柄は

旅工房(6548)

全国的に新型コロナウイルスの新規感染者数が急減しており、ワクチン接種が概ね完了する今秋の行動制限緩和に向けた期待感が高まっているようです。

 

f:id:tetoteno:20210921215316p:plain

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】外国人買いが続けば、更に株高もあり得る。

先週末17日の日経平均株価は3日ぶりに反発して3万500円(前日比176円高)引けとなりました。

前日まで2営業日続落で押し目買いが入りやすく、株価指数先物買いを交え、大引け間際には上げ幅が大きくなりました。なかでもグロース(成長)株が高く、指数に寄与したようです。

外国人買いを背景にした割安修正の流れは続くとみられ、押し目買いのニーズは強いようで、調整を待っているのとの見方もあります。

 

今週の東京株式市場は、一段高の期待が続きます。祝日の関係で3営業日となります。

中国の不動産開発会社「恒大集団」の破たんリスクはひとまず落ち着いたと思われます。また、需給面では外国人買いに余力がうかがえ、相場をさらに押し上げる可能性があると考えます。

 

スケジュール面では、

国内では、21日に日銀金融政策決定会合。22日に黒田日銀総裁会見。24日に8月消費者物価などが予定されています。

海外では、21日にFOMC(米連邦公開市場委員会)、米4−6月期経常収支、米8月住宅着工件数。22日にパウエルFRB米連邦準備制度理事会)議長会見。24日に独9月Ifo景況感指数、日・米・豪・印4カ国の枠組みで初の首脳会談、などがあります。

 

f:id:tetoteno:20210920210555p:plain

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】3万円は死守し、海外投資家の買い越しもあり。でも週末要因や祝日前で調整かな。

16日の日経平均株価は、3万323円34銭(前日比188円37銭安)と続落して取引を終了しました。

日経平均株価が続落となるのは約1カ月ぶりとなり、新興市場も大幅安となっていることから楽観論が後退してしまったような印象が残ります。

ただ、東京証券取引所が引け後に発表した9月第2週の投資部門別売買状況によると、金額ベースで海外投資家は3010億円の買い越しで2週連続で買い越しとなっており、海外投資機関が引き続き買ってくれるのであれば再び上昇が期待できます。

明日の東京株式市場は、調整含みの展開となりそうです。

足元でやや上値の重い展開となったことや、週末要因、祝日で3連休になることから、ポジション調整の売りが強まることも想定され、心理的なフシ目の3万円が意識されそうです。

現地17日の米国市場では、クワドプル・ウイッチング・デー(株価指数先物、同オプション、個別株先物、同オプションの清算日)を迎え、今年に入り、クワドプル・ウイッチング・デーは冴えない状況にあることから、米国株安を警戒して手控えムードが広がる場面も想定されます。

 

明日の注目銘柄は

ENEOSホールディングス(5020)

次世代のヘルスケアサービス提供に向け、「ネクイノ」に出資し、協業を開始したと発表があり株価が上昇しています。

水素等の次世代エネルギー関連の銘柄でもあり、新しいニュースや更に上昇の余地ははあると考えています。

 

f:id:tetoteno:20210916221718p:plain

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】4営業ぶりの反落でしたが、買い意欲はまだ強い様子です。

15日の日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、3万511円(前日比158円安)引けとなりました。

前夜の米国株安を受け、昨日に31年1カ月ぶりの高値水準に浮上した反動での利益確定売りが先行しました。一巡後には下げ渋り、押し目買い意欲の強さがうかがえる展開となった。

 

明日の東京株式市場では、主要株価指数は上値の重い展開が続きそうです。

次期政権の政策期待、新型コロナウイルスの新規感染者数の減少、ワクチン接種の進展といったこれまでの支援要因に加えて、さらに新しい材料がないと株価は上がりにくいと思われます。

利益確定売りへの警戒は続くとみられ、来週の3連休を控えていったん持ち高を整理する動きが出やすいと思われます。

 

明日の注目銘柄は

ソフトバンクグループ(9984)

株価は長く調整を続けていましたが、大きな動きが出てきました。ここから上昇の可能性が考えられ、仕込むのであれば今が良いと考えています。

 

f:id:tetoteno:20210915214656p:plain

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】あっさりと高値更新で国内は上昇相場も、外部要因に注意。

14日の日経平均株価は大幅に続伸し、3万670円(前日比222円高)で引けとなりました。

あっさりと1990年8月1日以来ほぼ31年1カ月ぶりの高値水準となり、TOPIX(東証株価指数)も2100ポイント台に乗せて1990年8月3日以来の高値水準に浮上しました。

次期政権の政策期待とともに新型コロナウイルスの新規感染者数の減少やワクチン接種の進展が引き続き支えとなり、海外マネーが上昇相場を演出しているようです。

 

明日の東京株式市場は、主要株価指数はもみ合い商状になるかと思われます。

先高期待は根強いですが、短期的な過熱感は一段と強まっており利益確定売りへの警戒感があります。

また、日本時間午前11時には中国8月小売売上高、中国8月工業生産、中国8月都市部固定資産投資が発表されます。

あまり低調な結果となるようだと中国経済の減速懸念が高まる可能性があり、中国経済指標には注視が必要と思われます。

 

明日の注目銘柄は

富士フィルムホールディングス(4901)

医療機器、バイオ医薬品受託等医療分野が好調、前期買収事業も寄与。半導体等向け材料も伸長継続しており、複合機稼働率上向いています。営業増益幅拡大しており、増配の可能性もあります。
年初来高値を連日更新しており、節目の1万円も目前となっています。

 

f:id:tetoteno:20210914221448p:plain

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。