【スポンサーリンク】

【明日の超勘株】米株式動向や6月末権利落ち日が、株価の押し下げ要因となりそうです。

28日の日経平均株価は続伸して、2万7049円(前日比178円高)引けとなりました。

朝方は米国株安を受けて売りが先行しましたが、時間外取引での米株価指数先物高もあって切り返して上げに転じました。その後は、米株先物のマイナス圏入りとなり、まとまった売りが出て再度下げに転じる場面もありましたが、一巡後は再びプラス浮上しました。

心理的なフシ目となる2万7000円を超えて、目前の26週移動平均線を突破すると次のフシ目となる2万7500円が意識されます。終値ベースで20日の安値2万5771円から合計1200円以上の上昇となっており、利益確定の売りも出てくる水準と思われます。

 

明日の東京株式市場では、主要株価指数は上値の重い展開になりそうです。

28日の米6月CB消費者信頼感指数などの発表を受けた米国株式動向が注目されます。また、6月末の配当権利落ち日にあたるため、限定的ながら押し下げ要因になると思われます。足元の指数連騰で急ピッチな戻り相場に対する警戒感もあり、外部要因に変調があれば利益確定売りが出やすいとみられます。

 

明日の注目銘柄は

アドバンス・メディア(3773)

発行済み株式数(自社株を除く)の16.31%にあたる300万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施するとの発表がありました。

買い付け期間は6月30日から23年6月29日まで。うち50万株を6月30日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得するとのこと。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】米経済指数をにらんでの展開は続きますが、テクニカル上では上昇しやすい状況になっています。

27日の日経平均株価は3連騰して、2万6871円(前週末比379円高)引けとなりました。

前週末の米国株式が大幅高となったことで投資家心理が好転したようです。朝方安かった米株価指数先物が持ち直し、アジア株高も後押しして上げ幅は一時440円を超える展開となりました。

 

明日の東京株式市場では、外部要因の落ち着きがあれば戻りを試す可能性がありそうです。

テクニカル上では、日足一目均衡表の「雲」の上限を突破し、2週間ぶりに75日移動平均線を上抜きました。指呼の間に捉えた25日線や、心理的なフシ目となる2万7000円が意識される水準であり、踏み込み一つで買い戻しを誘いやすいとも言えます。一方で、2万7000円前後の価格帯は商いを多くこなした水準でもあり、クリアでするのは容易ではないと思われます。そのためこの近辺では戻り売りへの警戒感もあります。

また今週は、米国で27日に米5月耐久財受注、28日に米4月S&PコアロジックCS住宅価格指数、米6月CB消費者信頼感指数、30日には米5月個人所得・個人支出などの発表が予定されているため、米経済指標をにらんでの展開に変わりはないようです。

 

明日の注目銘柄は

ユーグレナ(2931)

マレーシアの泥炭地で採取した微細藻類の中から、脂質を生産する耐酸性の新規藻類・テトラスティココッカスの同定・単離に成功との発表。低コストで燃料利用可能なバイオマス生産の実現が期待されます。

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】多少の値動きの荒さはあると思いますが、先週末からの戻り基調は継続しそうです。

先週末24日の日経平均は大幅続伸して、終値は320円高の2万6491円で引けとなりました。

米国株高を受けて上昇スタートし、早々に下げに転じたましたがすぐに切り返すとじわじわと上げ幅を広げました。米国の長期金利低下を受けてマザーズ指数やグロースコア指数が大幅高となり、大型のグロース株もこれに刺激されて半導体株などが強い上昇となりました。節目の2万6500円を上回ると横ばい推移となり、終値ではわずかに26500円を下回ったものの、ほぼ高値圏で取引を終えました。

 

来週のの東京株式市場は、堅調に動くと予想されます。

日経平均は先週に5月の安値を下回りましたが、そこで切り返して26500円近辺まで水準を切り上げました。米国の長期金利低下で新興グロース株に見直し買いが入ったほか、下値模索が続いていた大型半導体株にも持ち直す動きが見られた結果、多くの銘柄に下げ止まり感が出てきているようです。米国株式、長期金利、為替、原油価格もまだ不安定な動きは続きそうですが、日本株はそれぞれの局面で買える銘柄や業種が強い動きを見せており、良い地合いになっていくと期待したいです。3月期決算企業の配当支払いがピークとなり、再投資期待も高まりやすいタイミングです。多少の値動きの荒さはあると思いますが、戻り基調が継続すると思われます。

 

来週の予定では
国内では、日銀金融政策決定会合の「主な意見」 (6/16~17開催分)(6/27)、5月商業動態統計(6/29)、5月鉱工業生産、5月住宅着工統計(6/30)、5月失業率、5月有効求人倍率、6月都区部消費者物価指数、6月日銀短観(7/1)などがあります。

海外では、米5月耐久財受注(6/27)、米4月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数、米6月消費者信頼感指数(6/28)、米1-3月期GDP確報値、NATO首脳会議(~6/30)(6/29)、中国6月製造業PMI、米5月個人所得・個人消費支出(6/30)、中国6月財新製造業PMI、米6月ISM製造業景気指数(7/1)などがあります。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】先行き不透明な米国市場に引っ張られる週末となりそうです。

23日の日経平均株価は、前日比21円70銭高の2万6171円25銭と反発して取引を終えました。

前場には一時250円を超える上昇をみせる場面もありましたが、買いが一巡した後は戻り待ちの売りに押される展開となり、前日終値を挟む動きとなるなりました。

通常取引終了後、東京証券取引所が発表した6月第3週投資部門別売買状況(現物株)によると、海外投資家は金額ベースで8044億円の売り越しで、2週ぶりに売り越しとなりました。

 

明日の東京株式市場は、方向感に欠ける展開が続きそうです。

米国では景気の先行き不透明感が意識されて不安定な値動きとなっており、大きな買いは期待しづらい状況です。市場では、ETF(上場投資信託)の分配金支払いに伴う売りも警戒されており、手控えムードが広がる場面もありそうです。日経平均株価は、米国株の不安定な値動きの影響を受け易いため、外部環境に左右されづらい銘柄などへの個別株物色が中心になりそうです。

 

明日の注目銘柄は

塩野義製薬(4507)

発行済み株式数(自社株を除く)の2.39%にあたる720万株(金額で500億円)を上限に自社株買いを実施するとの発表がありました。買い付け期間は6月24日から12月30日まで。また、23年2月10日付で420万株の自社株を消却するとのこと。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】パウエルFRB議長証言を受けての米市場の反応が、日本株式市場を直撃すると思われます。

22日の日経平均株価は反落して、2万6149円(前日比96円安)引けとなりました。

休場明け21日の米国株高や円安進行を受けて、寄り付き直後に200円超の上昇しましたが、買い一巡後はいったん値を消してしまいました。その後は上げ下げを繰り返して、大引けにかけては弱基調となりました。時間外取引で米株価指数先物が一段安となったことが重しとなり、FRB議長の議会証言を控えて様子見気分が強まった面もあるようです。

チャート上では、直近のマドである安値2万6431円-17日高値2万6072円を埋めましたが、日足一目均衡表上の雲を前に陰線引けとなり、上値抵抗線として意識されそうです。

 

明日の東京株式市場では、国内に手掛かり材料が乏しく、米国株に影響される展開が続くと思われます。

現地22日にパウエルFRB米連邦準備制度理事会)議長が上院銀行委員会で金融政策について証言します。先週のFOMC(米連邦公開市場委員会)後の記者会見の内容と同様の発言をするとみられますが、その内容次第では相場が再び不安定となる可能性があり議会証言を受けた米マーケットの反応が注目されます。

 

明日の注目銘柄は

アドウェイズ(2489)

子会社がVチューバーグループ「774 inc.(ナナシインク)」を運営。エニーカラーへの出資も行っており、IPOに伴う株式売り出しによって約10億円の投資有価証券売却益が発生し、今期純利益予想の上方修正と増配となっています。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】休場明けの米国株式や、時間外の米株価指数先物の動向に左右される展開となりそうです。

21日の日経平均株価は大幅反発して、2万6246円(前日比475円高)引けとなりました。

前日の米国株式市場は休場でしたが欧州株式が上昇して、時間外取引での米株価指数先物の上昇が後押しとなったようで、上げ幅は一時640円を超えました。しかし買い一巡後は戻り売りに伸び悩みとなりました。

 

明日の東京株式市場では、不安定な動きをすると予想されます。休場明けの米国株式や、その後の時間外取引での米株価指数先物の動向をにらんで神経質となりそうで、足元のボラティリティー(価格変動性)の高まりから値動きの荒い展開も予想されます。国内では22日に参院選の公示日となり、選挙戦が本格スタートとなります。これに絡み政策関連銘柄への物色も期待されますが、世界的な景気後退懸念がくすぶっており大きな買いは期待しにくい状況ではあります。

 

明日の注目銘柄は

ツルハホールディングス(3391)

今期経常は6%増益、66円増配。また、25年5月期に売上高1兆600億円(22年5月期は9157億円)、営業利益率5%以上を目指す中期経営計画を策定。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】米国市場は休場で手控えとなりそうです。売られすぎ感もあり反転も期待したいです。

20日日経平均株価は続落して、2万5771円(前週末比191円安)引けとなりました。

前週の株安が急速に進んだ反動から自律反発狙いの買いが先行して193円高と高く寄り付きましたが、世界景気悪化への警戒感から次第に軟化して下げに転じました。先物売りを交えて一段安となり、下げ幅は一時440円を超えました。一巡後は、買い戻しに下げ渋りましたが、戻りは限定されました。バリュエーション(投資尺度)面から売られ過ぎとなっており、5月安値の2万5688円を明確に下抜ければ、3月安値の2万4681円が意識されそうです。

 

明日の東京株式市場は、手控えムードが強くなりそうです。

20日の米国市場は、ジューンティーンス独立記念日の振替休日で休場となり、手掛かり材料に乏しいです。

米欧中銀の金融引き締めによる世界景気の減速懸念が強くなっているなか、21日には米5月中古住宅販売件数の発表や、バーキンリッチモンド連銀総裁の講演などを控えて、マーケットへの影響も注視が必要です。

 

明日の注目銘柄は

ブロンコビリー(3091)

調味料や惣菜を製造する松屋栄食品本舗の全株式を取得し子会社化するとの発表がありました。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。