【スポンサーリンク】

【明日の超勘株ニュース】米株、長期金利の動きに注意は必要ですが、日本株の強さは続いてる様です。

29日の日経平均は小幅続落して、終値は41円安の3万9166円で引けとなりました。

米国株安を受けて寄り付きは200円を超える下落となり、節目の3万9000円を割り込んでからも下げ幅を300円超に広げました。3万8800円台に突入したところで切り返しましたが、前日終値近辺では売り直されて前引けでは3万9000円を下回りました。後場のスタートには改めて下を試しに行きましたが、ここでも3万8800円台に入ると下げ渋って前場の安値は下回らず下値の堅さが強く意識されて戻り基調が続きました。終盤にかけてはプラス圏に浮上しましたが、引け間際の動きが悪く終値ではマイナスとなりました。

 

明日の東京株式市場は、反発の動きが期待されます。

日経平均は一時下げ幅を300円超に広げましたが終わってみれば小幅な下落で、2月最終日も大きな波乱とはなりませんでした。米国では、FRBが注視する指標の1月個人消費支出(PCE)価格指数が発表されます。足元の米国株がやや迷いのある動きを見せていて、指標に対する米国マーケットの反応は大きくなる可能性があります。米国の長期金利が低下すれば株式に追い風となり、上昇すれば逆風となります。ただ日本株に関しては、米金利が上昇した場合でもバリュー株が強く買われるようならネガティブな影響は緩和されそうです。米金利が低下、もしくは落ち着いた動きとなるようなら、月初からリスクオンの様相が強まる展開も期待できます。前の週に史上最高値を更新しており、今週はここまでしっかりとした動きを見せているだけに週間プラスを達成できるかが注目されます。

 

明日の注目銘柄は

バンダイナムコホールディングス(7832)

今期最終は8%増で2期ぶり最高益、配当も40円増額。また、発行済み株式数(自社株を除く)の0.91%にあたる600万株(金額で200億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月1日から5月31日まで。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】39000円より上での値固めが進んでおり、まだ上昇する展開が期待出来ます。

27日の日経平均は3日続伸して、終値は5円高の3万9239円で引けとなりました。

米国株は下落となりましたが小高く始まり、上げ幅を200円近くに広げて3万9400円台に乗せたところで買いは一巡しましたが、萎めば改めて買いが入るなど暫くは堅調に推移しました。その後急速に値を消すと、マイナス転換から一時下げ幅を3桁に拡大して、前引け間際に安値をつけました。下押し圧力が和らいだものの、後場は強弱感が交錯してプラス圏とマイナス圏を行き来して、終盤までどちらに転ぶかわからない状態となりましたが、終値では小幅ながらプラスとなりました。

 

明日の東京株式市場は、続伸が期待されます。

前引けにかけて急失速しましたが、きっちり前日比プラスまで戻せたことは、今の日本株の地合いが良いことが続いていると思われます。大型半導体株が崩れても、安くなったところでの買い意欲は旺盛であり、3万9000円より上での値固めが着実に進んでいると思われます。何かしたのきっかけ一つで上に跳ねる展開が期待できます。

 

明日の注目銘柄は

TIS(3626)

発行済み株式数の3.4%にあたる821万2000株の自社株を消却する。消却予定日は3月27日。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】高水準の売買が継続しており、39000円も通過点となりそうです。

26日の日経平均は続伸して、終値は135円高の3万9233円で引けとなりました。

休場の間の米国株が強かったことを受けて寄り付きから200円を超える上昇となり、3万9300円台に乗せましたが、半導体株の多くがマイナス圏に沈んだことから伸び悩む展開となりました。上げ幅を縮めた後はいったん盛り返しましたが、後場は動意が乏しくなり緩やかに上げ幅を縮小して、3桁の上昇ではあったものの大引け間際に安値をつけました。

 

明日の東京株式市場は、反発する動きが期待されます。

日経平均は主力大型株の多くが弱く、ローソク足では陰線を形成しました。それでも一度もマイナス圏に沈むことなく3桁の上昇で終えました。三連休明けで、先週金曜に大きく上昇したため、人気のある銘柄の動きが悪ければ、利益確定売りを急ぐ動きが出る可能性がありましたが、市場は半導体株の下落を冷静に消化しました。こういった動きが見られているうちは日本株は強いと思われ、東証プライムの売買代金は5兆円を超えており、高水準の商いが継続しています。そのため3万9000円も通過点となる可能性が大きいと思われます。

 

明日の注目銘柄は

塩野義製薬(4507)

出資先のViiV社が抗HIV治療における持効性注射剤Cabenuvaの第3相臨床試験の中間解析結果を報告。ウイルス量の抑制に関して、毎日服薬が必要な経口治療に対するCabenuvaの優越性を確認。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】米債権動向には神経質となりますが、日本株は上昇が続きそう。

先週木曜22日の日経平均は大幅反発して、終値は836円高の3万9098円で引けとなりました。

米国でエヌビディアが好決算を発表して時間外で急伸したことが好感されて、寄り付きから200円を超える上昇となり強い動きが続きました。午前中で3万8900円台に乗せて1989年につけた史上最高値の3万8915.87円を上回りました。600円を超える上昇で前場を終えると、後場は早い時間に3万9000円台に到達して、やや値を消しす場面もありましたが、その後は上昇に勢いがついて終値でも3万9000円を上回り、約34年ぶりに史上最高値を更新しました。

エヌビディアや半導体株のおかでと言った上昇ではありましたが、高値更新にまで至ったのは半導体株が調整売りに押される中で、バリュー系銘柄が奮闘したことで全体では大崩れを回避しました。半導体株の影響は大きく受けているものの、他にも勢いがある銘柄が多いことが日本株の強みとなっているようです。

今週の東京株式市場は、しっかりとした展開が予想されます。

2月の最終週で日米ともに経済指標の発表が多くあります。米国では1月FOMC議事録を確認して長期金利が上昇しており、米債券市場の動向には神経質になると思われます。また、日本株では、最終週での利益確定の動きも出ると思われます。ただ、日経平均が今週史上最高値を更新したことから、売りが出てても警戒ムードが高まりにくいと思われます。米金利が落ちついていれば大きく上昇した半導体株には追随買いが入りやすく、売りをこなしながら好材料には強く反応して、週間では水準を切り上げると予想されます。

 

来週の予定では、
国内では、1月企業サービス価格指数(2/26)、1月消費者物価指数、配当・優待権利付き最終売買日(2/27)、1月商業動態統計、1月鉱工業生産指数、2年国債入札(2/29)、1月失業率、1月有効求人倍率、2月消費動向調査、10月新車販売台数、10月軽自動車販売台数(3/1)などがあります。

海外では、世界最大級のモバイル展示会「モバイル・ワールド・コングレス2024」(スペイン・バルセロナ、~2/29)、米1月新築住宅販売件数、米2年国債入札、米5年国債入札(2/26)、米1月耐久財受注、米12月FHFA住宅価格指数、米12月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数、米2月消費者信頼感指数、米7年国債入札(2/27)、米10-12月期GDP改定値(2/28)、中国2月製造業購買担当者景気指数(PMI)、米1月個人所得、米1月個人支出、米1月中古住宅販売仮契約(2/29)、中国2月Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)、米2月ISM製造業景況指数(3/1)などがあります。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】米長期金利やエヌビディアの動きに影響された動きとなりそう。

21日の日経平均は続落して、終値は101円安の3万8262円で引けとなりました。

休場明けの米国株が下落したことを受けて寄り付きから3桁の下落となり、エヌビディアが決算発表を前に大幅安となったことから半導体株の多くが警戒売りに押されました。200円超下げたところで切り返してプラス圏に接近しましたが、プラス転換はできずに売り直されて再び下げ幅を200円超に広げました。ただ、3万8100円を割り込んだところでは押し目買いが入って値を戻し100円程度下げた水準で値動きが落ち着きました。

 

明日の東京株式市場は、一進一退となりそうです。

日経平均は3日続落しましたが売られっぱなしにはならず、半導体株の一角は陽線を形成しており健闘したと考えられます。今週は米エヌビディアの決算がマーケットの大きな注目材料であるだけに、決算発表前に大幅安となれば影響は受けてしまうと思われます。決算を受けたエヌビディアが時間外で大きく上昇するようなら明日はリスクオン相場が予想されます。時間外で大きく下落した場合は、リスクオフにはならないにしても半導体株には厳しい流れが予想されます。

エヌビディアの決算が出てくるのは米国株が引けた後で、直近で重要となるのは、1月開催のFOMC議事録となります。この回は政策金利は据え置きとなりましたが、パウエルFRB議長は会見で3月の利下げに否定的な見方を示しました。議事録を確認して米国の長期金利が低下するのであれば、株式市場には好影響が見込まれます。一方で長期金利が上昇した場合は、金融引き締め長期化がリスクとして強く意識されそうです。大幅な金利上昇さえ回避できれば、エヌビディアの決算反応がマイナスであったとしても、日米株の基調が急に崩れる可能性は低いと思われます。今週の日経平均は今の所3万8000円台はキープしており、ポジティブシナリオとなれば史上最高値の更新も期待できます。

 

明日の注目銘柄は

関西ペイント(4613)

発行済み株式数(自社株を除く)の8.78%にあたる2000万株(金額で400億円)を上限に自社株買いを実施。うち1732万3500株を22日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。また、総額1000億円のユーロ円建て新株予約権社債(転換社債=CB)を発行する。調達資金はM&A資金や自社株買いなどに充てる。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】日米ともに様子見となりそうです。米国のイベントや決算発表に左右されそう。

20日日経平均は続落して、終値は106円安の3万8363円で引けとなりました。

米国株は休場のため手がかり難の中でスタートは小幅な上昇して、しばらく前日終値近辺でもみ合った後に上げ幅を200円超に広げました。強い動きが見られたのは一時的で3万8700円台に乗せたところで急速に萎むと小幅な下落で前場を終えました。後場では下値を試す流れとなり下げ幅を3桁に拡大して、3万8200円台に入ったところで売りが一巡しましたが、その後は戻しては売り直されるといった動きが続きました。下げ幅を一桁に縮める場面もありましたが、引け間際にまとまった売りが出てきて3桁の下落で取引を終了しました。

 

明日の東京株式市場は、様子見の展開が予想されます。

日経平均は続落しましたが、場中はプラス圏とマイナス圏を行き来して方向感が定まらない状態が続いています。相場を動かす手がかりは乏しく、今日の下げが投資家のセンチメントを悪化させることはなさそうです。
米国では21日に1月開催FOMC議事録や20年国債入札などイベントがあり、引け後にはエヌビディアが決算発表予定です。休場明けとなる米国株は、これらを前に様子見ムードが強まる展開も想定されます。東京市場も23日が休場となることから、大崩れしないまでも様子見となり、下げる展開も予想されます。明日に大きく崩れてしまうと、22日はリスク回避の売りに押されやすくなりそうで、日経平均は5日移動平均線を意識して推移しているようであり、維持出来るかが注目されます。

 

明日の注目銘柄は

スノーピーク(7816)

MBO(経営陣が参加する買収)による株式の非公開化を目指す。ベインキャピタル傘下のBCJ-80がTOB(株式公開買い付け)を実施する。TOB価格は1株1250円で20日終値を9.8%上回る水準。買い付け期間は2月21日から4月12日まで。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】材料難となりますが、良好な地合いとなっており大崩れはなさそうです。

19日の日経平均は小幅反落して、終値は16円安の3万8470円で引けとなりました。

先週末の米国株は下落でしたが、寄り付き後はプラス圏で推移する場面もあるなど前営業日の終値近辺でもみ合って強弱感が交錯しました。その後は下を試す流れとなって、前引け近辺では下げ幅を200円超に拡大しました。後場に入ると売り圧力が和らいで下げ幅を縮小し、プラス圏には届かなかったものの高値圏で取引を終了しました。

 

明日の東京株式市場は、一進一退の状況が続きそうです。

本日の日経平均は小幅安でしたが、プライムでは値上がり銘柄が圧倒的に多く、TOPIXやグロース250指数も上昇しており、全体としては良好な地合いが続いています。グロース株は小休止でしたが再浮上する可能性が高そうで、日本株の中でスムーズに資金が循環しているようです。米国は休場であすは材料難となるため、上値は追いづらいですが、下げたとしても警戒ムードが高まることはなさそうで、大崩れする可能性は低いと思われます。終値で3万8500円を上回ることができるかが注目されます。

 

明日の注目銘柄は

スギホールディングス(7649)

25年2月期の配当は35円を計画。2月末割当の1→3の株式分割実施を考慮すると24年2月期予想額80円から実質25円の増配となる。また、株主優待制度を変更。新制度では保有株数に応じて1000~5000円相当の優待券またはスギポイントを贈呈する。25年2月末から適用。そのほか、タイ石油公社の子会社PTT Oil and Retail Business Publicと、タイでのヘルス&ビューティケア事業の開始に向けた基本合意書を締結。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。