【スポンサーリンク】

【明日の超勘株ニュース】決算発表による個別株物色が続きますが、周辺銘柄への影響もあるので注意が必要です。

2日の日経平均株価は、前日比55円17銭高の2万7402円5銭と続伸しました。

後場に売り優勢となる場面がみられましたが、下げ渋って取引を終えました。東京証券取引所が引け後に発表した、1月第4週投資部門別売買動向(現物株)によると、金額ベースで海外投資家は3037億円の買い越しで、3週連続の買い越しとなりました。一方、個人投資家は3991億円の売り越しで、3週連続の売り越しとなりました。

 

明日の東京株式市場は、引き続き個別株物色が中心になりそうです。

決算発表が本格化するなかで、業績の好悪に対し大きく反応するケースが多くみられています。特に業績の下方修正や減配などの悪材料であれば、該当銘柄だけでなく周辺銘柄まで売られる場面もみられることから注意したい状況です。長期資金を運用する投資家による買いが入りにくく、短期投資家の動きに左右されやすい展開が続きそうです。米国では1月雇用統計の発表を控えることから、様子見姿勢が強まることも想定されます。

 

明日の注目銘柄は

ANAホールディングス(9202)

今期経常を55%上方修正となっています。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】FOMC前で手控えムードが強くなりそうです。個別株に注視することになりそう。

31日の日経平均株価は反落して、2万7327円(前日比106円安)引けとなりました。

円安進行を支えに買いが先行しましたが、米国株安が重しとなり下げに転じました。切り返す場面もありましが、買いは続かず再びマイナス圏に押し戻され、後場は一段安となりました。香港ハンセン指数などアジア株が安く、先物売りを交えて下げ幅を広げて一時130円超下落する場面もありました。チャート上では、心理的なフシ目となる2万7500円手前でハネ返されて、改めて上値の重さが意識されています。

 

明日の東京株式市場は引き続き個別株物色となりますが、注目のFOMC(米公開市場委員会)を目前にして手控えムードとなる可能性があります。

米利上げ幅は0.25%に縮小する見込みであり、すでに株式市場では織り込み済みと思われます。ただ、パウエルFRB米連邦準備制度理事会)議長がFOMC後の会見で金融引き締めに前向きなタカ派的な姿勢を示すことへの警戒感は残っており、基本的に内容を見極めるまでは動きづらい状況となっています。

 

明日の注目銘柄は

レザーテック(6920)

10-12月期(2Q)経常は19%減益と発表がありました。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】主要企業決算で個別物色の様相が強くなりそうです。ただFOMC前で大きく動きにく状況です。

30日の日経平均株価は続伸して、2万7433円(前週末比50円高)引けとなりました。

前週末の米国株高を支えに朝方は買いが先行して、いったん下げに転じた後は先物買いを交えて切り返し、上げ幅は一時100円を超えました。ただ、買いは続かず後場入った後は円高進行とともに先物にまとまった売りが出て、再度マイナス圏入りする場面もありました。チャート上では、心理的なフシ目となる2万7500円を前に足踏み状態となっており、この揉み合いの状況を抜け出せるかがポイントとなりそうです。

 

明日の東京株式市場は、決算発表が相次ぐ中で、業績をにらみ個別株物色の様相が強くなりそうです。

決算発表の企業数は引け後に100社以上、31日が300社以上となっています。決算内容を受けて短期的な売買に揺れる銘柄が増える方向にあります。1月31日-2月1日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)を控えて、より個別へ注目が集まる展開になりやすそうです。主要企業の決算を見つつ、FOMCの結果も見極めたい気分もあるため、ここで大きく動くことも難しくなっています。

 

明日の注目銘柄は

オリエンタルランド(4661)

今期経常を22%上方修正との発表がありました。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】日米の決算本格化に加えて、FOMCや雇用統計などもあり株価も日替わりで動きそうです。

先週末27日の日経平均は小幅反発して、終値は19円高の27382円で引けとなりました。

米国株高を好感して上昇して始まったものの、寄り前に為替が円高に振れたことから、初動は鈍く開始早々に上値が重くなりました。一方、値を消して下げに転じたところでは押し目買いが入って下げ渋りました。マイナス圏から戻して再びプラス圏に浮上した後は前日終値近辺で動意が乏しくなり、小幅なプラスで取引を終えました。

 

今週の東京株式市場は、堅調な展開が予想されます。

日米で決算発表が本格化する中でFOMCを消化するスケジュールとなっており、欧州の中銀イベントも予定されています。また、2/3には米国で雇用統計が発表されます。月替わりで需給要因から株価が動く可能性もあり、注意が必要な1週間となります。注目はFOMC(1/31~2/1)となりますが、今回は利上げ幅が前回の0.5%から0.25%に引き下げられるとの見方が強まっており、0.5%の場合は失望売りとなりそうですが、ネガティブサプライズがなければ米国株を押し上げるイベントとなる可能性が高いと思われます。

アップル、アマゾン、アルファベットなど米国の主力グロース株の決算も出てきますが、これらの結果次第ではリスクオンの流れに弾みがつく展開も期待できます。国内も決算を材料に個別の物色が活況になると見込まれ、好悪材料が入り交じると思われますが、押し目があれば上昇に乗り遅れた投資家からの買いが入りやすく、強い基調が続くと予想されます。

 

来週の予定は、
国内では、12月失業率、12月有効求人倍率、12月鉱工業生産指数、12月商業動態統計、12月住宅着工統計(1/31)、1月新車販売台数、1月軽自動車新車販売台数(2/1)、1月マネタリーベース、10年国債入札(2/2)などがあります。

海外では、中国1月製造業PMI、米11月S&Pコアロジック・ケース・シラー・住宅価格指数、FOMC(~2/1)、IMF世界経済見通し発表(1/31)、中国1月財新製造業PMI、米1月ADP全米雇用リポート、米1月ISM製造業景気指数、パウエルFRB議長会見(2/1)、ECB定例理事会(ラガルド総裁記者会見)、英国金融政策発表、米12月製造業受注(2/2)、米1月雇用統計、米1月ISM非製造業指数(2/3)などがあります。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】米株動向を受けての動きとなりそうですが、材料難や週末要因もあり方向感は定まらなそうです。

26日の日経平均株価は、前日比32円26銭安の2万7362円75銭と反落しました。

後場に入りこの日の安値を付ける場面がみられましたが、下げ渋る動きをみせて取引を終えています。

東京証券取引所が引け後に発表した、1月第3週投資部門別売買動向(現物株)によると、金額ベースで海外投資家は987億円の買い越しで、2週連続で買い越しました。一方で個人投資家は128億円の売り越しで、2週連続の売り越しとなっています。

 

明日の東京株式市場は、方向感に乏しい展開が予想されます。

朝方は米国株動向を受けて、上昇すれば買い先行、下落すれは売り先行となりそうで、手がかり材料難、週末要因もあり、動意に乏しくなりそうです。米国で決算発表が本格化し、業績の割には株価は総じて堅調ではあるが、日本でも決算内容を確認してから動こうという状況になっており、模様眺めムードが広がる可能性もありそうです。

 

明日の注目銘柄は

信越化学工業(4063)

今期経常を4%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も50円増額。また、3月31日現在の株主を対象に1→5の株式分割を実施する。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】日経平均株価はマドを埋めて雲の突破を試す展開ですが、戻り売りの警戒感もあります。

25日の日経平均株価は続伸して、2万7395円(前日比95円高)引けとなりました。

前日まで3連騰した反動で利益確定売りが先行しましたが、その後は先物主導で上げに転じて一時170円超上昇しました。買い一巡後は伸び悩む展開となりました。相場上昇については、特段の理由は見当たらず、テクニカルや需給面での機械的な買いとみられる可能性があり、チャート上では、直近の「マド」埋めに動いてきていますが、これをクリアしても日足一目均衡表上の「雲」上限の2万7871円が控えており、戻り売りへの警戒感が残ります。

 

明日の東京株式市場は、様子見気分が強くなりそうです。

業績予想を下方修正し、一転して減益見通しを示した日本電産は、25日の株価は急落して日経平均採用銘柄および東証プライム銘柄の中で値下がり率トップとなりました。決算次第で大きく振れるケースは今後も続くとみられており、業績内容を見極めるまで動きづらい状況です。

 

明日の注目銘柄は

サイバーエージェント(4751)

10-12月期(1Q)経常は赤字転落で着地。一方、株主優待制度を導入。毎年9月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、「ABEMA」プレミアム利用料の無料クーポンを贈呈する。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】日米の決算発表が、株価や指数の変動に大きく影響をもたらすでしょう。

24日の日経平均株価は大幅に3続伸して、2万7299円(前日比393円高)引けとなりました。

米国株式市場で主要3指数が上昇、SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)の大幅高も支えとなり、半導体関連株を中心に広範囲に買われました。チャート上では約1カ月ぶりに心理的なフシ目となる2万7000円を超えて、日銀が長期金利の許容変動幅拡大を決定し相場が急落した昨年12月の「日銀ショック」前の水準を回復しました。また、75日移動平均線、200日線をクリアしてテクニカル好転の流れにあり、一目均衡表上で分厚い「雲」に突入しており、これを抜けられるかどうかが試される状況です。

 

明日の東京株式市場は、決算にらみの展開が強まりそうです。

米国では主要企業の22年10-12月期決算発表が本格化して、米国株式やその後の時間外取引での米株価指数先物への影響が注視されます。国内でも主要企業の22年4-12月期決算発表が始まり、決算内容が最大の株価変動要因になるとみられます。

 

明日の注目銘柄は

日本電産(6594)

今期最終を一転56%減益に下方修正。発行済み株式数(自社株を除く)の0.87%にあたる500万株(金額で350億円)を上限に自社株買いを実施する。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。