【スポンサーリンク】

【明日の超勘株ニュース】まだ下げ止まる感じはしないです。どこの水準で落ち着くのかを探っています。

27日の日経平均株価は前日比841円3銭安の2万6170円30銭と3日続落して取引終了となりました。

下落率が3%を超え、昨年6月21日以来7カ月ぶりとなりました。

通常取引終了後、東京証券取引所が発表した1月第3週投資部門別売買状況(現物株)によると、海外投資家は金額ベースで3046億円の売り越しで2週連続でが売り越しとなりました。

 

28日の東京株式市場は、落ち着きどころを探る展開となりそうです。

日経平均株価時間外取引での米株価指数先物が下落し、米国株の軟調展開を先取りする格好で下げ幅を拡大する展開となりました。米国株の反応次第で大きく相場展開が変わる可能性があるものの、買い手不在のなか、戻りも限られそうです。

大幅な下落が続き、個人投資家の損失拡大で、投資意欲の悪化が警戒され神経質な状況となりそうです。

 

明日の注目銘柄は

野村不動産ホールディングス(3231)

今期経常を4%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も5円増額となります。

また、自社株取得枠を現行の250万株(金額で50億円)から350万株(金額で70億円)に変更するとの発表がありました。

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】27000円割れは回避されましたが、米株の動向やウクライナ情勢が気がかりの展開。

25日の日経平均株価は大幅反落して2万71317円(前日比457円安)引けとなりました。

米金融政策への警戒感が根強く、ウクライナ情勢の緊迫化もあり欧州株式が大幅に下落、米国株式が一時急落したことでリスク回避の姿勢が強まったようです。

時間外取引の米株価指数先物安やアジア株安も重しとなり下げ幅は一時700円近くまで達し、一巡後は持ち直しましたが戻りは限定されました。終値心理的なフシ目となる2万7000円割れや昨年8月20日の年初来安値2万7013円割れは回避されました。

下値では押し目買いや買い戻しが入ると予想されますが、株価下落がいったん落ち着くことがあってもリスク要因が後退しないと改めて売られる可能性も高いと思われます。

 

明日の東京株式市場は、不安定な相場となりそうです。

25-26日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)を目前にした米金融政策への警戒感や、ロシア軍の侵攻が懸念されるウクライナ情勢などのリスク要因が尾を引き、神経質な展開が予想されます。

 

明日の注目銘柄は

日本電産(6597)

ハイテク株の戻りが期待される中で、決算発表があり注目されます。

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】27500円台での転換がされるか注目です。年金資金の出動の可能性もあり。

先週末21日の日経平均は大幅反落し、終値は250円安の27522円となりました。

米国株が連日で終盤に大きく崩れた上に、決算を発表したネットフリックスが急落したことから大幅安スタートし、主力ハイテク株の下げが大きく序盤では下げ幅を600円を超えました。27100円台で売りが一巡して、その後は戻りを試しましたが寄り付き近辺まで下げ幅を縮めてくると売り直されました。後場は押しが深くなったところでは買いが入り、下に振れたところで売り急ぐような動きは少なく終盤にかけては戻りを強めて27500円台を回復し、3桁の下落とはなりましたが27500円台で終えることが出来ました。

 

来週の東京株式市場は、不安材料が多いですが下値支持線が機能するかが注目されます。

インフレ加速に端を発する折からの米国の金融引き締め観測に、マーケット冷遇の色合いを強める岸田政権、さらには新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「まん延防止等重点措置」、ロシアとウクライナの緊迫状態も高まるなど、株価への悪材料はとても多い状況です。

日経平均株価の昨夏以降の下落局面は、2万7000円前後で転換するパターンを繰り返しています。この転換パターンが崩れるといよいよ厳しくなりますが、そうなると年金資金の出動も観測されそうです。

25-26日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)を控えており週前半は動きづらい状況ですが、FOMCでタカ派的な内容でなければいったん出尽くしになるとの見方も出ており、イベント通過後の出直りに期待したいところです。

スケジュール面では、

国内では、26日に1月17-18日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」が発表されます。

海外では、25-26日にFOMC。25日に米11月S&PコアロジックCS住宅価格指数、IMF国際通貨基金)世界経済見通し。26日にパウエルFRB米連邦準備制度理事会)議長会見。27日に米21年10-12月期GDP(国内総生産)速報、米12月耐久財受注などが予定されています。

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】大幅反発しましたが、米国株や米金利に左右され荒い値動きが続きそう。

20日日経平均株価は、前日比305円70銭高の2万7772円93銭と大幅反発して取引を終了しました。

一時400円を超える上げ幅となる場面もありましたが戻り待ちの売りに上値を抑えられる格好となりました。

通常取引終了後、東京証券取引所が発表した1月第2週投資部門別売買状況(現物株)によると、海外投資家は金額ベースで727億円の売り越しで4週ぶりに売り越しとなりました。

 

明日の東京株式市場は、不安定な値動きが続きそうです。

20日は、前日に大幅続落した反動や押し目を拾う動きなどから買いが優勢となり、時間外取引での米株価指数先物の上昇に後押しされた面も強いと思われます。米国株や米金利の動向に左右される展開が続きそうです。

また、21年3月期第3四半期(21年4-12月)決算発表の本格化を前に、手がかり材料難や週末要因から、手控えムードが広がることも想定されます。さらに来週25-26日のFOMC(米連邦公開市場委員会)までは荒い値動きとなることも予想されます。

 

明日の注目銘柄は

日本駐車場開発(2353)

株主優待制度を拡充を発表。現行の基準日は7月末のみだが、新たに1月末を追加となり、22年1月末から適用となるとのこと。

毎年1月末に1000株以上を保有する株主に対し、スキー場リフト等利用割引券3枚、TOWAピュアコテージ宿泊招待券2枚を贈呈となります。

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】日銀金融政策決定会合を通過しましたが、未だに売買のしにくい状況は続いています。

18日の日経平均株価は反落し、2万8257円(前日比76円安)引けとなりました。朝方は欧州主要株価指数の上昇を支えに買いが先行しましたが、昼休みの時間帯に日銀が金融政策決定会合で大規模な金融緩和策の維持を決定となり日経平均先物が一段高した流れを受け、後場入り直後には350円以上上昇する場面がありました。しかし買いは続かず、一巡後は先物主導で下げに転じ、時間外取引での米長期金利の上昇とともに米株価指数先物の下げが重しとなったようで、下げ幅は一時200円を超えました。その後は下げ渋りましたが、戻りは限定的となりました。

 

明日の東京株式市場は、上値の重い展開が続きそうです。

18日の米長期金利上昇や米株価指数先物安が休場明けの米国市場にどの程度反映されるかが注目されます。

国内では18日の日銀金融政策決定会合を通過し、来週末から本格化する主要企業の21年4-12月期決算発表までは手掛かり材料に乏しい状況であり、積極的な売買は期待しにくくなっています。FOMC(米連邦公開市場員会、現地25-26日開催)も控えており、それまでは方向感が出にくい状況は続きそうです。

一方で、オミクロン株の感染拡大とともに、緊急事態宣言に準じた対策が可能となる「蔓延防止等重点措置の適用地域が広がるとのことであり、行動制限ヘのリスクはくすぶっている状況です。ただ、重症化率が低いことから影響は限定的との見方もあります。

 

明日の注目銘柄は

トヨタ自動車(7203)

2月の生産計画は半導体逼迫によりグローバルで70万台レベルを予定との発表がありました。

ネガティブニュースとなりますが、既に織り込み済みと思われます。株価が下落するよ

うであれば買い場の到来と考えています。

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】日銀の金融政策決定会合、黒田総裁の発言が株価を左右する日になりそう。

17日の日経平均株価は大幅反発し、2万8333円(前週末比209円高)引けとなりました。

前週末に大幅続落した反動から買いが先行し、前週末の米ハイテク株高を支えに半導体関連株などの上昇も寄与し上げ幅を拡大しましたが、買い一巡後は伸び悩み引けにかけてもみ合い商状となりました。新規の手掛かり材料に乏しく、今晩の米国株式市場が休場となることもあり、様子見気分に傾いたようです。

 

明日の東京株式市場は、手控えムードとなりそうです。

米国株式市場がキング牧師の誕生日で休場となり、手掛かり材料に乏しい状況です。また日銀の金融政策決定会合を控え、見極めたいとの空気も漂いやすいと思われます。現状の緩和政策を維持するとみられますが、前週末には「日本銀行が、物価目標が2%に達する前に利上げをすることが可能かどうか議論している」との観測報道が流れており、会合結果発表後の黒田日銀総裁の記者会見は注目されます。

 

明日の注目銘柄は

学情(2301)

発行済み株式数(自社株を除く)の3.5%にあたる50万株(金額で7億5000万円)を上限に自社株買いを実施するとの発表がありました。買い付け期間は3月8日から9月30日までとなります。

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株ニュース】リスクオフムードが強くなっている中、明確な経済改善期待が出てくるのかな。

14日の日経平均は大幅続落し、終値は364円安の28124円となりました。

米国株はFRB理事の発言から金融引き締めを強く意識して下落し、これを嫌気して大きく水準を切り下げると、グロース株が下落を先導して下げ幅を拡大となりました。日本株前場のうちに節目の28000円をあっさり割り込むと、27800円台に突入して600円近く下げる場面もあり、後場は売り圧力が和らいだことでやや値を戻したが28100円台に乗せると戻りが甘くなり、低空飛行が継続し300円を超える下落で取引を終える展開となりました。マザーズ指数は連日で3%を超える下落となり、取引時間中と終値の両方で昨年来安値を更新しました。

 

ブレイナードFRB副議長の指名公聴会での発言が、再び早期利上げとバランスシート縮小への不安が拡大させており、日米金利差の広がりを意識して一時上昇していたドル・円は一転して円高方向に振れてリスクオフモードが全開となる中で、株式からの資金逃避が一段と加速した格好となっています。

 

来週の東京株式市場は、下値を探る可能性が高いと思われます。

日本に関しては独自の悪材料も上値の重さにつながっているようです。マーケットは分配重視の岸田政権に懐疑的でしたが、それを一段と深めるような要人の発言が浮上しており、岸田内閣の経済再生相で、「新しい資本主義」の政策を担当する山際大臣は、出演したテレビ番組の中で「(新しい資本主義は)株価を意識してはやりません」と語っています。少なくとも短期的にはマーケットへの逆風になるということが、改めて印象付けられた格好となっています。

株式市場が嫌う、増税の確度も高まりそうな情勢です。内閣支持率自民党支持率の上昇が7月の参院選の結果に反映されれば、岸田首相の権勢はより強固になり、増税に向けた動きが活発化することも想定されます。

また、金融政策の転換が日本にも及ぶとの見方もあります。日銀が2%の物価目標を達成する前に利上げを開始できるかを議論すると報じられており、これを受けて、日本の10年債利回りは上昇しています。政治や金融政策をめぐる不安要素を相場が乗り越えるためには、国内外の景気や企業業績の明確な改善期待がより必要になってくる状況となっています。

スケジュール面では、

国内では、17日に21年11月機械受注、日銀金融政策決定会合。18日に黒田日銀総裁会見、日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)。20日に12月貿易統計。21日に12月消費者物価、12月16-17日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨などが予定されています。

海外では、17日に中国10-12月期GDP、中国12月工業生産、中国12月小売売上高、中国12月都市部固定資産投資。18日に独1月ZEW景況感指数、米1月NY連銀製造業景気指数などが予定されています。

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。