【スポンサーリンク】

【明日の超勘株】2万6500円割れとなり、軟調な地合いが尾を引きそう。下値のメドは2万6300円が意識されそうです。

26日の日経平均株価は大幅に続落して、2万6431円(前日比722円安)引けとなりました。

前週末の米国株安を受けて売り優勢の展開となりました。時間外取引での米株価指数先物安も重しとなり、7月13日以来の2万6500円割れとなりました。

 

明日の東京株式市場は、不安定な相場となることが予想されます。

米欧中心に金利上昇による景気後退懸念は根強くあり、足元の市場心理は後退しているようです。下げが続く海外株式が落ち着きを取り戻さない限り、日本株軟調の地合いが尾を引くことになると思われます。

短期的なリバウンドはあると思われますが、大幅な値戻しがないとベアトレンドは覆せないとの予想もあります。下値のメドとしては2万6300円近辺が意識されそうであり、それを下回れば2万6000円割れが視界に入ってきそうです。ただ日経平均ベースでPERは6月安値を下回っているため、さらに売る理由が少ないと思われます。

 

 

明日の注目銘柄は

太陽化学(2902)

発行済み株式数(自社株を除く)の1.17%にあたる20万株(金額で3億0520万円)を上限に、9月27日朝の名証の自己株式立会外買付取引「N-NET3」で自社株買いを実施するとのこと。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】2万7000円を境に一進一退となりそうです。米国の指標発表が多く結果に左右もされそうです。

先週木曜22日の日経平均は続落して、終値は159円安の27153円で引けとなりました。

9月のFOMCでは0.75%の利上げが決定されて、この先も利上げが継続するとの見方が示され、これを受けた米国株が大幅安となったため日経平均も200円超下げて始まりました。下げ幅は一時300円を超えましたが27000円より下では押し目買いが持ち直す展開でした。
昼休みに日銀が金融政策の現状維持を発表し、直後にはドル円が145円台〜143円台にと乱高下しましたが、為替の派手な動きは一時的にとどまって144円台で値動きが落ち着いてきたことから、後場の指数は下げ幅を縮小。値上がりに転じる銘柄も増え、3桁下落ではあったものの高値圏で取引を終えました。

来週の東京株式市場は、一進一退となると予想されます。

9月FOMCではFRBの事前の予想通りに3会合連続での0.75ポイントの利上げが決定。日銀の金融政策決定会合では緩和策の継続が打ち出され、日米の金利差拡大の構造が再認識されました。日経平均も今週は27000円を一時下回り、週末値では75日線や200日線、26週線などテクニカルの節目の多くを下回りました。そのため、高くなれば戻り売りが上値を抑えると考えられます。

ただ米国株はFOMCの前から先回りで売りに押されていました。また9月FOMCの結果は概ね想定線の内容でもありました。イベントを通過したこともあり、ここからさらに下げるようであればリバウンド狙いの買いが入ると予想されます。米国では指標発表が多く、これらの結果が米国の良好なファンダメンタルズを確認したり、インフレピークアウト期待を高めるといった理由で米国株高につながる展開も期待できそうです。そのため、強弱感が交錯して方向感が出づらい週になりそうです。

 

来週の予定では、
国内では、40年国債入札、安倍晋三元首相の国葬(9/27)、日銀金融政策決定会合議事要旨(7/20~7/21開催分)、配当・優待権利付き最終日(9/28)、2年国債入札、日中国交正常化50周年(9/29)、8月失業率、8月有効求人倍率、8月鉱工業生産、8月商業動態統計、8月住宅着工統計(9/30)などがあります。

海外では、米2年国債入札(9/26)、米8月耐久財受注、米9月消費者信頼感指数、米8月新築住宅販売、米5年国債入札(9/27)、米8月NAR仮契約住宅販売指数、米7年国債入札(9/28)、米4-6月期GDP確定値(9/29)、中国9月製造業PMI、中国9月非製造業PMI、中国9月財新製造業PMI、米8月個人所得・個人消費支出(9/30)などがあります。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】2万8000円台に乗せられるか。しかしFOMCの結果までは手控えが強くなりそうです。

連休明け20日日経平均株価は反発して、2万7688円(前週末比120円高)引けとなりました。

前週末に大幅反落した反動で自律反発狙いの買いが先行し、米国株式が反発したことも支えとなり、2万7900円台を回復して上げ幅は一時340円近くに達しました。一巡後は先物売りを交えて上げ幅を60円まで縮小する場面もありましたが、後場は2万7684円近辺でもみ合い商状となりました。

手掛かり材料に乏しく、FOMCを控えて様子見気分となっているようです。上昇基調にある75日移動平均線をキープしていますが、2万8000円に近づくと売りが出てくるようです。

 

明日の東京株式市場は、21日まで開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)結果を前に手控えムードが強くなると思われます。

米利上げ幅が予想通り0.75%か、1.00%へ拡大するかが注目されているなかでアク抜けとなるかがポイントになりそうです。米イベントを無難に通過しても、21-22日開催の日銀金融政策決定会合では、円安対策が出るかもしれないとの読みもあるようです。
また、各種の世論調査で岸田内閣の支持率低下が明らかとなり、海外投資家の買い手控えを警戒する読みもあります。支持率回復に向けて経済対策を打ち出してくるとの期待もあります。

 

明日の注目銘柄は

TSIホールディングス(3608)

アリババクラウド、ゲーム開発スタジオのJP GAMESとメタバース分野で技術提携し、共同プロジェクトを開始。次世代ファッションブランド体験を提供するとの発表がありました。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】FOMC結果が最大の注目ですが、中央銀行イベントが続き市場は大きな動きがありそうです。

先週末16日の日経平均は大幅反落して、終値は308円安の27567円となりました。

米国株安を受けて大幅安スタートして、3連休前で押し目買いも手控えられる展開となりました。ただ下げ幅を300円超に広げて27500円に接近したところで売りが一巡して、やや戻した後は値動きが落ち着きました。後場は膠着の状態が強まり、27500円は割り込まなかったですが、戻りもなく300円を超える下落で取引を終えました。

 

今週の東京株式市場は軟調な展開が続くと予想されます。

月曜と金曜が休場となります。取引のある3日間にFOMC(9/20~21)、日銀金融政策決定会合(9/21~22)、英国金融政策発表(9/22)など、中央銀行イベントが続きます。FOMC結果と日銀会合結果を消化する22日が、大きな動きのある1日となりそうです。

13日に発表された米8月CPIを受けて、FOMCでは1%利上げがあるかもしれないという警戒が高まっています。そのため、0.75%であればいったん米国株には買い戻しが入りそうですが、FRBタカ派色の強いメッセージが届きそうで、一気に市場が楽観に傾く展開にはならなそうです。また、日銀会合も相場を動かす材料となりそうです。先週に日銀のレートチェックが市場の注目されており、無策なら手詰まりと見られ、動いた場合には円高が急速に進む可能性があります。どちらにしても日本株には良い影響は期待しづらいです。

FOMCが最大重要イベントではありますが、他にも黒田総裁会見や英国金融政策など取引中に確認出来ない材料が幾つかあり、警戒感が拭い切れない週となると予想されます。

 

来週の予定は
国内では、8月全国消費者物価指数、8月首都圏マンション発売(9/20)、日銀金融政策決定会合(~9/22)、8月訪日外国人客数(9/21)、黒田日銀総裁会見(9/22)などがあります。

海外では、、FOMC(~9/21)、米8月住宅着工件数(9/20)、パウエルFRB議長会見、米8月中古住宅販売(9/21)、英国金融政策発表、米4-6月期経常収支(9/22)などがあります。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】米8月CPIを受けての米国株式市場により左右される日になりそうです。

13日の日経平均株価は続伸して、2万8614円(前日比72円高)引けとなりました。

朝方は欧米株高を支えに買いが先行しましたが、直近の連騰で利益確定売りも出やすく下げに転じました。しかし下値は限定的で一巡後は盛り返して、前場は110円を超えて上昇しました。後場は、前場終値近辺でもみ合う状況となりました。米国市場では、週末の米トリプルウィッチング(米国版メジャーSQ)を前に買い戻しが入っていますが、それも通過すれば下落リスクに変わる可能性もあります。

 

明日の東京株式市場は、13日夜に発表される米8月CPI(消費者物価指数)を受けての米国株式がどのように反応するかが注目されます。

指数の伸び率はピークアウト傾向を示すとみられており、素直に好感されると予想されます。ただし、CPI発表後に米国株高が続くようだと、来週開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)でFRB米連邦準備制度理事会)が金融引き締めへの積極姿勢を強調し、株式市場をけん制するとの読みもあります。また、強めの数値が出れば売られるリスクにつながる可能性もあります。

 

 

明日の注目銘柄は

大洋物産(9941)

株主優待制度を導入。毎年9月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、一律でクオカード5000円分を贈呈する。22年9月末から開始。

また、8月売上高は前年同月比49.2%増と4ヵ月連続で前年実績を上回った。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】米8月CPI発表までは動きは少なそうですが、市場はトレンド転換の期待が高いです。

12日の日経平均株価は大幅に続伸して、2万8542円(前週末比327円高)引けとなりました。

前週末の米国株式市場で金利上昇への警戒感が後退し主要3指数が上昇した流れを受けて、一時400円近くまで上昇しました。一巡後は戻り売りや利益確定売りに伸び悩む場面もありましたが、その後は持ち直しました。チャート上では、約半月ぶりに心理的なフシ目となる2万8500円台を回復して基調の強さが見られる一方で、直近の3連騰で上昇ピッチの速さから戻り売りの警戒も必要です。

 

明日の東京株式市場は、様子見ムードが強まりそうです。

13日夜に注目の米8月CPI(消費者物価指数)が発表され、結果を見極めるまでは積極的な売買は手控えられそうです。同指数の前年同月比上昇率は6月をピークに、7月は低下、8月は伸び率鈍化が予想されています。トレンド転換への期待がありますが、確認するまでは動きにくい状況です。

一方で、来週の9月FOMC(米連邦公開市場委員会)での大幅利上げは織り込んでおり、入国者数の上限撤廃が検討されるなど、市場ムードが良い方向ともなっていると思われます。

 

 

明日の注目銘柄は

神戸物産(3038)

11-7月期(3Q累計)経常が6%増益で着地・5-7月期も3%増益。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

【明日の超勘株】9月FOMCでの大幅利上げは織り込み済みであり、日本株は上げやすい地合いとなっています。

先週末9日の日経平均は続伸して、終値は149円高の28214円で引けとなりました。

ECBの大幅利上げ決定や、パウエルFRB議長のタカ派発言を受けても米国株が上昇したことから、3桁上昇スタートをしました。上値は重くなり開始早々には上げ幅を急速に縮めましたが、前日終値近辺ではマイナス圏入りを回避して盛り返す展開となりました。後場は28200円近辺で値動きが落ち着きました。

日経平均株価はハードなスケジュールが多かった週を上昇で終えました。パウエルFRB議長は8日の討論会で9月FOMCの手がかりを示さなかったため、1%利上げの可能性がほぼないことであると考えられます。先週はそういった懸念が後退するような動き(米株堅調、米長期金利低下、原油安)が幾つか見られたため、目先はグローバル市場の中でも日本株のパフォーマンスが改善する可能性は高いと思われます。

 

今週の東京株式市場は堅調となると思われます。

翌週にFOMC(9/20~21)を控えており、13日には米8月CPIが発表される。ただ、9月のFOMCで大幅利上げが継続することは織り込み済みであり、米国の金融引き締めを過度に警戒するような流れにはなりにくいと思われます。

日本株に関しては、9月の権利獲得を目的とした実需の買いが期待できます。決算発表も幾つかある上にIPOも2社あり、個別の物色が盛り上がりそうです。FOMCが近づくことで指数の日々の振れ幅は大きくなる可能性があり、債券市場や商品市場に神経質となる場面も増える可能性もあります。しかし、多少の変動はあるかと思いますが、上げやすく、下げづらい地合いが続くと予想されます。

 

 

来週の予定では、
国内では、8月工作機械受注(9/12)、7-9月期法人企業景気予測調査、8月企業物価指数(9/13)、7月機械受注(9/14)、8月貿易収支、ゲーム見本市「東京ゲームショウ」開幕(幕張メッセ、~9/18)(9/15)などがあります。

海外では、米10年国債入札(9/12)、米8月消費者物価指数、米30年国債入札(9/13)、米8月生産者物価指数(9/14)、英国金融政策発表、米9月ニューヨーク連銀景気指数、米8月小売売上高、米9月フィラデルフィア連銀景気指数、米8月鉱工業生産(9/15)、中国8月鉱工業生産、中国8月小売売上高、米9月ミシガン大学消費者信頼感指数(9/16)などがあります。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。