【スポンサーリンク】

【明日の超勘株ニュース】即日28000円台を回復し、地合いの好転を期待しています。

21日の日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反発して2万8517円(前日比579円高)引けとなりました。

前日に大幅続落した反動で自律反発狙いの買いが広がったようです。時間外取引で米株価指数先物が上げ基調を強め、アジア株高も支えとなり、上げ幅を拡大したようです。

昨日に割り込んだ心理的なフシ目となる2万8500円を回復して、いったん落ち着きを取り戻しつつあると考えて良いかと思います。海外要因に変調がなければ、戻りを試す動きも予想されます。

ただ、同水準を超えてくると戻り売りへの警戒感が強まる可能性もあり、上値の重さが意識されてくれば短期筋が売り仕掛けに動くもケースも想定されます。

 

明日の東京株式市場は、きょうの地合い好転の流れが続くかが注目されます。

クリスマス休暇に入る海外投資家が増えてくると考えられ、市場参加者が減る方向にあるなか、商いを伴った展開は期待しにくい状況です。また、新型コロナウイルス変異株のオミクロン株への懸念も払拭されておらず、なお不透明感を引きずっています。

 

明日の注目銘柄は

グリー(3632)

発行済み株式数の25.80%にあたる6250万株の自社株を消却するとの発表がありました。消却予定日は12月28日とのことです。

 

 

*ご注意*

・本サイトにおける情報はあくまで投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性、信頼性等については一切保証されません。

・掲載されている情報は、投資の勧誘を目的とするものではありません。

・これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、投稿者及び情報提供者は一切の責任は負いませんので、投資に関する全ての決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。